嘘はつけない!庭屋の本音!

外構・庭・エクステリアの疑問に答えます。

外構を作る前に考えてほしい3つのコト

久しぶりの投稿になってしまいましたが、やっぱり文章書かないとどんどん書けなくなりますね。継続していきたいと思います。

最近は暑くて、痩せちゃったなーと思って体重計に乗ったら、2キロ増えていた眞野です。暑いから蓄えちゃってるみたいです。

 

外構を作る前に考えて欲しい3つのコト

  1. 目的は何か
  2. 維持管理できるのか
  3. 必要なモノは何か

 

大概はこの三つに限られてくると思います。たまに、何もわからないから相談に来たという方がいらっしゃいます。その場合、この3点をベースに話を進めていけば全体像が見えてきます。

 

外構の目的は何か?

外構の目的は何かを考えてみると、人によってそれぞれですが、見た目を良くするため、使い勝手の向上、管理のしやすさ、等々あげられます。外構をすることで使い勝手を良くしたいのか、住宅を引き立たせたいのか、ただ車が止められるスペースが欲しいのか、目的をしっかり持って打ち合わせや、図面の依頼をすると失敗も、食い違いも少なくなると思います。逆に目的がわからないとなると、住まわれてから外構やエクステリアについて考えた方がいいかもしれません。

具体的には、庭で遊んだり、バーベキューをしたいと思っていたら伝えましょう!

 

維持管理できるのか?

 芝や植木はメンテナンスが必要です。自分でできない場合は業者に頼むなど、放置しないように気をつけていきましょう。

 庭に天然芝を植えたいという方には、一年間の芝生の管理スケジュールをお話ししています。芝生は一年間に結構やらなければならない事が多く、芝刈りを怠ってしまうと、芝生は枯れてしまい残念なお庭になりかねません。

 植木も伸びっぱなしになってしまうと、病気や虫がついてしまったりします。なによりも見た目が非常にみすぼらしくなってしまうので、剪定は少なくても年一回は欠かさない事をオススメします。最近はホームセンターでも1本から受け付けてくれるみたいですよー!

 

 必要なものは何か?

 予算が決まっている場合は優先順位をつけ、必要なものから選びましょう。予算を重視するのか、デザインを優先するのか、自分にとって重要な部分を見極めましょう!例えば、見た目だけを重視した門壁や、予算と見合わないような高級なアプローチなど、デザインしている者からすれば、必要な部分かもしれませんが、住む人にとって本当に必要かどうかは本人にしかわかりません。

 自分が求めている外構工事は何かイメージして、打ち合わせやプランニングに臨みましょう。

 

まとめ

外構工事に入る前に考えて欲しい3つのコト、として初歩の初歩の本当に初めの段階についてブログを書いてきました。ハウスメーカーの下請けさんにお願いする場合もありますし、外構の専門店にお願いする場合もございます。一概にどこがいい、悪いというのはありませんが、やっぱり親身になって考えてくれる人に出会えるのが一番理想だと思います。より多くの人が幸せなライフスタイルを送れることを祈っています!!!

 

困っていることがございましたら、お気軽にお問合せください!

お洒落な洋風ポスト勝手におすすめ3選

エクステリアデザイナーの眞野です。ポスト選びのポイントと、洋風ポストのおすすめを勝手に作りましたので参考までに!!!

  

 

ポスト選びのポイント

ポスト選びで迷われている方に参考にしていただいたら幸いです。門壁や住宅の外壁に取り付けることが多いポストですが、種類は何百種類とあります。全てのポストを端から端まで見ることは現実的には不可能なので、選ぶときのポイントとおすすめポストを挙げておきます。重要な部分はこの3つ。

  • 素材
  • デザイン
  • 使い方

価格だけ見ると安価で、お洒落なポストもありますよね。風雨にさらされる環境では錆びてしまったり、開閉に支障をきたすモノもございますので、素材選びには注意が必要です。

そして表札と並んで家の顔になるモノですので、デザインには気を遣ってあげたいですね。洋風な住宅なのに、ステンレスのポストでは違和感で残念になってしまいます。

前から入れて後ろから取り出すタイプのものなのか、前から取り出すのか等、使用環境によって向きや方向が変わりますので、注意が必要です。自分でポストを用意する場合は、施工する人に相談して取り付け位置など聞いてみましょう。

 

 様々なポストがある中で、洋風なデザインのおすすめポストをピックアップしました。ポストって探してみると検索上位に上がってくるのはいつも同じデザインのポストで、本当にこれがいいのかわからないことが多いと思います。最近はシンプルモダンな住宅が多く、モダンなポストは種類が多いのですが、洋風なポストは少ない気がします。洋風ポストが欲しいけど、どうしたらいいかわからないという方に参考になれば幸いです。

 

 

勝手にお洒落な洋風ポストを3つ選んでみました。

今回選んだポストも私の偏見と好みがかなり色濃く出ていますので、本当に参考程度にどうぞ。

それではスタート。

 

ディーズガーデン ポーチ

 

 メールボックス ポーチ&スタッコ ~ プロバンス スパニッシュ風外構の郵便ポスト

 テラコッタ風の見た目が印象的なお洒落なポスト。パッと見は陶器のような印象を受けます。使用されている材料は船体や自動車などにも使われるFRP素材を用い、軽くて強度のある製品になっています。一番安いポストと比べたら高級な部類だと思いますが、長く使っていただけますし、何しろお洒落です。塗装に関しても、耐候性塗料を使用していますので、色褪せも少ないとのことです。

洋風で鍵なし、前入れ前出し用のポストをお探しならコレです。

 

 

そして2番目は、こちら。 

ディーズガーデン コレット

ナチュラルな大人可愛い郵便ポスト コレット&アンジュ

  洋風なポストの中でもシンプルなポスト。住宅の玄関ドアなどにも使われる濃い茶色が使われていて、シンプルな住宅にも合わせやすいポストです。コテコテな洋風じゃないけど、モダンって感じはちょっと・・・という人におすすめ。ポストだけでお洒落に見えるアイテムです。

 

そして最後は、

ディーズガーデン アンジュ

ナチュラルな大人可愛い郵便ポスト コレット&アンジュ

 パッと見の印象がすごい見た目が素敵です。かわいらしい見た目、細部まで作りこまれたデザインはFRPという素材を忘れさせるほどです。アンティーク調なデザインで、雑貨屋さんにありそうなポストです。

 

まとめ

今回はすべてディーズガーデンさんの商品をピックアップしました。エクステリア商品を作っているメーカーさんのブランドなので、屋外での使用を考慮した塗料の開発や、使い勝手を考えたデザインをされているメーカーさんです。高額な商品かもしれませんが、長くお使いいただけるポストです。表札やフェンスもお洒落なので他の商品も見てみたら面白いかもしれません。

www.deasgarden.jp

 

タイルデッキのメリットとデメリットを思いつくだけあげてみた。

今回はタイルデッキのメリット、デメリットをピックアップしていきます。「タイルデッキは金額が高いからいいに決まっている」ということはありませんので、良い点と悪い点を検討して、素敵なお庭計画の参考にしてもらえれば幸いです。

 

タイルって何?

英語のtileには、床や壁を覆うものという意味もあるそうです。床面、壁面等の装飾に使うものをタイルと言っています。一般的に私たちがタイルと呼んでいるものは陶磁器のタイルが一般的です。日本製のタイルも多様な種類がありますが、海外製のタイルも使用されることが多いです。イタリア製のタイルなどありますが、日本にはないデザインが多く新鮮です。

風化によるタイル自体の劣化は少なく、長持ちします。お手入れの手間も少なく、長期間お使いいただけれる素材です。数十年前に施工したタイルは剥がれたり、浮いたりすることが多く、お客様に心配されることも多かったです。ただ現在は、施工の際に使用する接着剤の改良により、タイルが浮いたり、剥がれ落ちたりすることが少なくなりました。

 

デッキを作ることの利点

タイルデッキにしても、ウッドデッキにしても、家の中から外に出るためのスペースであったり、外で過ごすスペースと言えます。外と中をつなぎ、外で過ごすためのスペースであれば、テーブルと椅子を充分に置けるスペースを確保する必要があります。腰をかけるだけのスペースであれば、90センチもあれば充分です。

 

タイルデッキのメリット

  • 汚れが付きにくい(色にもよりますが)
  • メンテナンスの手間が省かれる(塗装、ささくれ、キズなどがない)
  • 色・形状のバリエーションが豊富(細長いモノから、6角形のモノやモザイク等)
  • オリジナルな形状がデザイン可
  • テーブルなど設置するならタイルデッキの方が使いやすい
  • デッキ下のゴミを気にしなくていい

 

タイルデッキのデメリット

  • 施工場所やタイルの種類によってコストがかさむ
  • 基本的には四角いので曲線デザインが難しい
  • 外壁通気工法の場合サッシ下に合わせられない(グレーチングを使用することで解決できますが、費用がかかります。)
  • カラーによっては温度上昇するので熱い

 

 

タイルデッキにはメリットも、デメリットもあります。ウッドデッキと比べても一長一短ありますので、場所や用途に合わせて商品を変えるのも面白いと思います。

 

 

 

 

タイルデッキとウッドデッキの場所による使いわけ

窓などから出る部分にはウッドデッキを使用して、テーブルなどを設置する場所は、一段下げてタイルデッキというデザインで設計することもあります。住宅の通気口の影響を受けないのと、ウッドデッキをリビングの延長線上にとらえると室内空間を広く感じ、フローリングとのつながりも感じられます。ウッドデッキは中と外のちょうど中間ぐらいで、タイルデッキは外用というイメージで私は考えています。

 

例えば、吐き出し窓から出たところはウッドデッキ、ウッドデッキを降りたところがタイルデッキという風に2種類の材質を使いわけることで、用途にあった使い方をすることができます。

イメージパースを作成してみました。

 

f:id:straycat10dog:20170404143915j:plain

 

窓からフラットにお庭に出ることができ、バーベキューする場合はタイルデッキの上にテーブルを置くことができます。ウッドデッキ上では高さが高く座っていても落ち着かないので、タイルデッキの高さを下げ、安心感のある落ち着いた空間を作ってみました。

 タイルデッキなら、バーベキューの炭が落ちても、解けたり、燃えたりすることはありませんので安心ですね。ウッドデッキに腰かけてもいいですので、使い方の幅は広がります。他にもいろいろな使い方がありますので、是非タイルデッキをご検討中の方の参考になればと思います。

 タイルデッキのメリットとデメリットを生かしたエクステリア計画を立てる事ができればお庭の使い方も広がりますね。皆さんのお庭が素敵になりますように!!!