嘘はつけない庭屋の本音

外構・庭・エクステリアを通して笑顔になる庭が増えればいいなと思っています。

西海岸風エクステリアの定義はなにか?

たまに依頼される西海岸風のエクステリアを考えていたら、実際定義とかないんじゃないかと思ったので、まとめてみました。

あくまで私の独断と偏見で作成しましたので、

『それはないやろ!?』

『この色使えばいいんじゃないの?』

『西海岸と言ったらコレデショ!!』

 

ってコメント頂けると、私も勉強になります!!!w

 

西海岸風ってなに?

おそらく一般的に西海岸と呼ばれているところは、アメリカ合衆国の中で太平洋に面した地域を指すことが一般的です。西海岸風と呼ばれたり、カリフォルニアスタイルや、サーファーズスタイルと呼ばれたりしています。ネットで西海岸風とか、カリフォルニアスタイルで検索すると、インテリアの情報が多数ありますが、外構の情報は画像には多くありますが文章ではごく僅かでした。

 

f:id:straycat10dog:20190121001404j:image

 

画像で見るとこんな感じのイメージです。

f:id:straycat10dog:20190121234625p:image

検索するとインテリアとか外構の写真がでてきますが、これが西海岸だっていうのわかりにくいような気がします。

 

 

西海岸風エクステリアによく使われる色はなにか?

 

まず第一に基本となる色は、

 

『 白 』 と 『 青 』

 

青といっても、濃い青ではなく、少し薄目な青。

エクステリアの商品の中で青いものって数少ないので、選択の幅は狭いです。

基本的には白基調で設計して、アメリカンで海っぽさのある装飾、加えていくと完璧だと思いました。

 

 

次は、

『 木目 』

少しさびれた感じの色合いが良さそうです。

古びた木目を使用した、壁材では、カリフォルニアベーシック、テキサスロックンウォールなどの硬質木材もおすすめです。この素材は木材ですので、木材特有のあくや、汚れがつきます。外部で使用する場合は壁の素材などにご注意ください。

 

 

アメリカンな雰囲気を醸し出すアイテムといえば

が代表格かと思います。

洒落っ気のない武骨な感じで、エクステリアをアメリカンへと変貌してしてくれるアイテムです。公共施設でも使われていたりするのですが、芝生やコンクリートが良く似合う商品です。

 

似た商品としては、アマゾンや楽天で『アメリカンフェンス』と検索すると、簡易なパーテーションや門扉があります。自分で施工したい場合やほんとうに短い距離の場合はそちらの方が安価にできるかもしれません。

 


 

 

  • 西海岸風な植物といえば

ニオイシュロラン

特徴的な樹形と、リゾート感やオリジナリティ溢れる植木です。珍しい植木をご希望の方は是非!!!あまりにも寒すぎる地方では育てられないので、関東より西の暖かい地域で育ててあげましょう。

 

フェニックス

南国風植物で、爽やかな出で立ちがステキな樹木です。フェニックスも寒さには弱く、静岡県より西の太平洋側の暖かい地方で育てるのがベストです。霜が降る地域では、当たらないように対処が必要です。

 

他にも、ココスヤシなど大きな植物もおすすめですが、一般家庭だと大きくなりすぎる可能性もありますので、好きな人は、お庭を作るときの参考にしてください。

 

 

まとめ

日本で西海岸風のエクステリアを作りたい場合は、主に色、さびれた感じの木目など、質感にも注意しながら、PCフェンスでアメリカンな印象を与えていくことがベースになると思います。そこから少しアレンジしてオリジナリティ溢れるお庭にしていけたらステキな外構になります。

 

西海岸風エクステリアの中には、植木屋、天然の芝生を植える可能性が高いと思いますので、メンテナンス方法などを知ってから決めていきましょう。管理できないと残念なお庭になりかねないですよ。

 

さっくりとまとめてみましたが、まだまだ色々あると思いますので、徐々に追記していきたいと思います。